senjingaran5’s blog

短歌を詠む

◇ 読み終わって、一陣の風のような本。

f:id:senjingaran5:20190417004447p:image

読み終わって、一陣の風のような本。
《息の限りに遠吠えを》萩耿介
f:id:senjingaran5:20190417004544p:image
Hatena Blogで 千盡仙人本を読む #3 《息の限りに遠吠えを》萩耿介 中公文庫
は 2019-02-18のことだった。
f:id:senjingaran5:20190417004616p:image
今日は4月の16日だから2ヶ月が経っている。
p124第二章が終る。《息の限りに遠吠えを》悲しくも美しい🦗🍂  私には牙がない🤣
f:id:senjingaran5:20190417004646p:image
とここまでで、このあとはもう全部読み終わっていたのだが、締めくくりもないままいま改めて、最後の18ページの第五章を読んでみた。
f:id:senjingaran5:20190417092830j:image
風の一とそよぎの詩片が朝日にキラキラ照っているようだ。
                        終わり千盡仙人

f:id:senjingaran5:20190417004813p:image