senjingaran5’s blog

短歌を詠む

「とても幸せな老人と空と海」千盡仙人

f:id:senjingaran5:20180728074645p:plainf:id:senjingaran5:20180728074623p:plainf:id:senjingaran5:20180728074555p:plainf:id:senjingaran5:20180728074523p:plainf:id:senjingaran5:20180728074412j:plain

「とても幸せな老人と空と海」千盡仙人

 相生月子・卑弥呼抄〔幻-失意と喜び〕千盡仙人

◇ <お知らせ> 相生月子・卑弥呼の棲家は生目古墳群のどこかです。

◇ うつそみに、老い果てに出逢いたる月子に、自らを卑弥呼と名乗る相生月子に、私の愛を捧げる。

*なんとゆう 幸せ者の千盡くん 老いの悲哀が かくも楽しい

◇ 姿を見せない月子卑弥呼を想いながら

*なんとゆう 幸せでしょう 夕風に 生目古墳のベンチに憩ふ

*君よ想へ 80年の歳月を 豊かな時と 憩ふ老い

◇聞こえますか?

*聞こえない?おいらあばよと言ってるのCongratulations on your life !           180125

*夜が明けたヱビスを飲もう華YEBISU みやびのときを 老いは寿ぐ

◇ 月子はどこにいるのかな〜

◇ なぞなぞ??  K氏はどこにいるのかな〜