senjingaran5’s blog

短歌を詠む

◇ さらば三名の地よ

f:id:senjingaran5:20190624030135j:image

水曜日, 2019年6月5日

f:id:senjingaran5:20190624005904j:image

*チシャの木の花に後れを取っちゃった 小ちゃな小ちゃな実になってるね

◇あるいは固い蕾かも

 

*引っ越しの作業で腰を痛めたが治ったようだとても嬉しい

 

*荷造りで痛めた腰が治ったよとても嬉しい身体が動く

 

木曜日, 2019年6月6日

◇宮崎県 国富町

*釈迦ヶ嶽ひとり行く道歩いてる姿を思い坂を見上げる

f:id:senjingaran5:20190624010334j:image

*素晴らしい高音とよもすホトトギスあとようかのち三名を去る

 

金曜日, 2019年6月7日

国富町町住入居決まったよ老いの坂行くベースキャンプだ

f:id:senjingaran5:20190624011313j:image

土曜日, 2019年6月8日

*いい天気 人に恵まれ 引っ越しの荷の大かたを運び終えたよ

 

月曜日, 2019年6月10日

◇母親に付き添われた、天を見る目の少年の歌

*素晴らしい Got Talent  心打つ 歌に涙し 聴き入りにけり

 

木曜日, 2019年6月13日

ホトトギス鳴いて別れを告げてくれ三名の地を去る時がきた

 

金曜日, 2019年6月14日

◇同じ国富町で三名から本庄に移り住む

◇幸子の老人ホームの近く

◇1週間もいい天気が続いて、無事に荷運びが終わった

*引っ越しは晴れに終わった 三名を出る日の朝は白い雨降り

f:id:senjingaran5:20190624011751j:imagef:id:senjingaran5:20190624011819j:image

ホトトギス 雨にも鳴いてお別れを告げてくれるか さらば三名

f:id:senjingaran5:20190624012456j:image

*ちりひとつ残す事なくここを去る綺麗さっぱりさらば三名

 

*さようなら三名の家 いま一度 戸を開けてみる 思わずスマホ

f:id:senjingaran5:20190624005759j:image

◇ 六月 梅雨に入る

f:id:senjingaran5:20190604071107p:image

木曜日, 2019年5月30日
デンマーク Arlaのチーズ美味しいな CAMEMBERT 淡白な味

 

◇小さな蜘蛛🕷が動かずにじっとしている、洗い流しそうだ。

*お風呂場に 小さな蜘蛛が流し場に いるよ愛しい命の灯り

 

金曜日, 2019年5月31日

 

土曜日, 2019年6月1日
*梅雨に入る今日は娘の誕生日 56歳 おめでとう!㊗️まりちゃん
f:id:senjingaran5:20190604071209p:image

f:id:senjingaran5:20190604071227p:image
 
日曜日, 2019年6月2日
◇ CAME_LATTE「カメラテ」撮影の情報や勉強会!
◇○○トモちゃん
*素敵な 人に会ったよ フォトグラファー 雨の蔵カフェ カメラテ仲間
f:id:senjingaran5:20190604071332p:image

f:id:senjingaran5:20190604071412j:image
大正14年に建てられた大きな石蔵

蔵カフェ やはた

 

月曜日, 2019年6月3日
◇80と3分の2 歳m
*わたくしは まだ生きてます頑張って 身の回りを整えましょう
f:id:senjingaran5:20190604071537j:image
霧島山遠望国富 深年川
 
◇引っ越しの準備中で、あれこれと片ずけていますが、とても楽しい時間です。
*これからはお掃除好きになりしょう。飛ぶ鳥跡をすっきりすっきり

 

*にぎりめし こんなにうまいものはない まさに至福のおにぎりタイム

 

f:id:senjingaran5:20190604071634p:image
カタバミ
 
カテゴリー:千盡仙人五七の雑記日記
 

◇ 懐かしいこの星地球🌏

f:id:senjingaran5:20190530045231j:image  相生橋

水曜日,2019年5月22日

*懐かしいこの星地球🌏いつまでか我は眺めて過ごせるのだろう

f:id:senjingaran5:20190530044940j:image

◇恐るべし!インターネット!

ジョブズさんこの星に来て足速にお土産置いて何処に去ったの

 

土曜日,2019年5月25日

*片付けの手をしばし止めホトトギス聴き入ってここ三名を去る

 

日曜日,2019年5月26日

*辛い思い悩んでいても考えを外へ移せば世界が変わる

 

月曜日,2019年5月27日

*久しぶりに月子に会った覚悟して今日を限りと可愛い月子

f:id:senjingaran5:20190530044655p:image

火曜日,2019年5月28日

*空しいよ思わず声を死ぬなよと自分にかけてしまっちゃったよ

f:id:senjingaran5:20190530044738j:image

水曜日,2019年5月29日

◇たまたま買い出しの用事で

*月子の家の近くにいるのだが心騒がず平常心だよ

 

190529 水曜日 19:45
テレビ塔に明かりが点いた
f:id:senjingaran5:20190530044518p:image 

◇Searched on Google
f:id:senjingaran5:20190530044605j:image
鰐塚山は観光地であるとともに、宮崎県内ではテレビ塔のある山として知られている。宮崎県の全テレビ局とFMラジオの中継所の親局が鰐塚山にあり、ここから発信される電波は宮崎平野都城盆地など、同県の約75%の人口地域をカバーしている。
 
カテゴリー:千盡仙人五七の雑記日記
 

◇ 私はうつけ者です。犬のあづき🐕ではなく、、令和バカメラ千盡仙人。

f:id:senjingaran5:20190522041104p:image

 

木曜日,2019年5月16日

*浮ついた気持ちのままに救いなく自分を騙しやり過ごす日々

 

◇さらさらと月日は流れ
*砂を手にしてはいないが浮ついた気持ちのままにやり過ごす日々

 

◇ 私はうつけ者です

*まやかしの自分を見てる実体もなしに自分を取り繕って

 

f:id:senjingaran5:20190522040446p:image

*里子に出してしまったあづきちゃん🐕photoのあづきの目を見つめてる

 

f:id:senjingaran5:20190522040504p:image
*しっかりとおいらを見てるあづきちゃん🐕おいらの目はね涙で霞んだ

 

*おいおいと泣くしかないよ悲しいよなにか夢とか壊れたんだね

 

金曜日,2019年5月17日

*あさっては娘に会える2年ぶりデジカメ📸内緒ひとに預ける

f:id:senjingaran5:20190522040552j:image

土曜日,2019年5月18日

日曜日,2019年5月19日

*宮崎の地図に赤々雨が降り飛行機は降り娘が帰った

◇お父さんには私がどんなに思ってるかわからんわと娘は言うよ

*辛い思ひその胸の内分からんわ娘の小言100ほど聞いた

 

月曜日,2019年5月20日

*80の年寄りの家55の娘が帰った欲しい静けさ

 

火曜日,2019年5月21日

ホトトギスが来た!18/05/09

ホトトギス夕闇に啼く来ましたね

ホトトギス鳴いた聞いたよ来ましたね

栴檀の花は散ってしまった。去年より12日も遅く、今朝暗いうちにやっとホトトギスの声を聞いた。

*大雨が二日も降ってたぷたぷの水も引いたよ  来た!ホトトギス!    190521

 

いつの写真でしょうか?
美しいミツバアケビの花

f:id:senjingaran5:20190522040736p:image

 

 

◇ 千盡仙人 八十路の歌

2019/5/10

f:id:senjingaran5:20190519064015p:image

*朝影の樹木の緑デジカメを構えていたらサギが降り立ち

f:id:senjingaran5:20190519063957p:image

*なゐ(地震)来たり池に降り立つサギあれどたちまちにして飛び去りにけり

f:id:senjingaran5:20190519063934p:image

◇凄い写真が撮れた

*サギが来て写真が撮れた素晴らしいこの一枚で僕は幸せ

 

土曜日,2019年5月11日

◇今朝は早くから目が覚めていて、昨日からの幸せな気分がずっと続いたまま充足感が認識できる。ウグイスの声が聞こえて外が明るくなってきた。

f:id:senjingaran5:20190519063655p:image

◇ハクバHAKUBA GW-PRO RED バックパックマルチモードL カメラバッグ

*実際に背負うどうか分からない見てて楽しいカメラリュック


◇父ちゃん!母ちゃん!

呼んだら涙が滲みます

*80を過ぎて引っ越し片付けに父母の顔フォトをデジ化す

f:id:senjingaran5:20190519063859p:image

日曜日,2019年5月12日

◇欲しいものやっぱり欲しい

*急がない僕は幸せ欲しいもの欲しがらないし今でok!

 

*父母のPhotoの保管庫カギかけDropbox 毎日開ける

 

◇わたし悲しい

*裏庭で鳩が死んでた眼を開けてこの世の名残り見ているような

f:id:senjingaran5:20190519063840p:image

◇終活も終わりに近い

◇無駄に生きた、その時々の様々な品物が累々としてる

*逃避です証しの品を破棄してる私はどうも正気じゃないね

 

月曜日,2019年5月13日

*裏庭で死んでた鳩の見開いた小さなお目々輝いている

f:id:senjingaran5:20190519063817p:image

*穴を掘り土に埋めたよ裏庭で死んでた鳩は草原のなか

 

ホトトギスの声をまだ聞いていないのに

栴檀の花が散ります降るように雪降るように少しの風で

f:id:senjingaran5:20190519063746p:image

火曜日,2019年5月14日

*1日に5時間半はよくないねスマホの時間長すぎますね

 

*雨になりなんだか少し肌寒い五月の雨はさみだれでしょうか

f:id:senjingaran5:20190519063714p:image

◇あふち(楝・樗)花樗(ハナオウチ)栴檀の花

*引っ越しに雨に降り散る花あふち

 

◇ハクバHAKUBA SGWPR-2RBPL [GW-PRO RED バックパックライトL カメラバッグ]

*カメラリュック眺めていいな!連発す背負ってどこか遠出したいな

f:id:senjingaran5:20190519063655p:image

水曜日,2019年5月15日

*老いたいま50数年経ったのに夢に恵美子が声まろやかに

f:id:senjingaran5:20190519063636p:image

◇月子さよならなんだねぇ

*ほんとうに消えたんだねぇ君が影ここにないねぇ若葉風吹く

f:id:senjingaran5:20190519063623p:image

 

 

 

◇ 千盡仙人本を読む スタインベック短編集

f:id:senjingaran5:20190518034645p:image

スタインベック短編集を読む。

5、6十年も前の記憶を頼りに初めの菊(The Chrysanthemums )を3行読んで、8番目の自警団員(The Vigilante )に跳んだ。やはり最後のところ10数行に行き着いた。強烈、映画のシーンで見てみたい。

 

菊(The Chrysanthemums)
最初の菊に戻って読んだが非常にに繊細で私は理解できないかも?イライザ・アレンの心理。読んでてはらはらしたり、最後の涙は?うーん🙄心理描写が?

 

2番目の短編
白いウズラ(The White Quail)
自分の世界(生活空間)を思い描き現実化していくという素晴らしい出だしだ。読み進めているが不思議な女の心理構成。白いウズラ 読んだ。最後、私(千盡)は涙ながらに微笑んだ。

 

逃走( Flight)
息もつかずに読む。辛い物語だ。映画を見たような記憶がある。息子を送り出した母親を思ふ。

 

4番目の物語
蛇(The Snake)
ふ〜ん! これはノーコメント。

 

5番目
朝めし(Breakfast )
Amazing ! 珠玉の名片!

f:id:senjingaran5:20190518034744p:image

 
 
カテゴリー:千盡仙人本を読む
 

◇ 蒼穹の生目古墳の丘に立つ相生月子我が恋人よ

月子卑弥呼抄  回想  #1   千盡仙人

f:id:senjingaran5:20190512051811p:image

蒼穹の生目古墳の丘に立つ相生月子我が恋人よ

f:id:senjingaran5:20190512052024p:image

金曜日,2019年4月26日

◇断る気などさらさらなくて

*散策は生目古墳の丘めぐり月子卑弥呼のライン電話に

 

170907  2首

*伝えたい言葉にならぬ歌心せめて貴女にバラ🌹のスタンプ

 

*伝へたい歌心とは隠そうや老いらくの戀、君に惹かれる

 

170908  4首

*山鳩の声が聞こえる剥き出しの武蔵鐙の青き実の秋

 

*家の門に 立ちたる君や 微笑みの 君が姿は 慈悲菩薩様

 

*笑まひつつ 門辺に立てる 君が影 慈悲菩薩様 その立ち姿

 

*ゆふかげに ゑまひて立てる 君が影 深く心に刻み込んだよ

 

170915  3首

*宇宙暦17・09・15ヒ 秘かに愛が芽生えましたね

 

*もう遠い 思ひ出なのか 白昼夢 赤ちゃんみたい 七文字削除

 

*せつなさよ出会ひと別れひっついて瞬時の出会ひ永遠のお別れ

 

 

月子卑弥呼抄  回想  #2

f:id:senjingaran5:20190512051811p:image

蒼穹の生目古墳の丘に立つ相生月子我が恋人よ

 

170915  14首

*着信音待てど暮らせど来ぬメールじっと我慢の子供ですとも

 

スマホの 画面を見つめ 40分 動きませんね〜諦めましょう

 

*私は 現(うつつ)の習ひ 安易にも 自分自身を 裏切りました

 

*冷え切った 宇宙の果てに ゐる私 触れた温もり 一も二もなく

 

*どこにある「誠を尽くす」打ち捨ての 私のメール 二枚舌かも   

 

*二股と 言はれて信義 保ち得ず かの人遠し 賤夫悲しも

 

*膝を折り 貴女の慈悲を 頼むのみ 額づき慕ひ 赦し請ひます

 

*純粋に 出会ひ喜び つくすとも 不毛の愛は いま切り捨てる

 

*望みなき愛に誠を尽くすのはありえないこと嘆きの天使

 

*あれこれと 言葉を並べ 自己欺瞞。 無垢な心は 貴女に向かふ

 

*再びの 愛の奇蹟に 巡り会ひ この身に心 投げ出しますね

 

*捨ててもね 耐え難いけど いいからね 時間もないし これが最後ね

 

*底紅に 白い雨ふる 18号

 

*こんなにも 会ひたいなんて ずっとそばに ゐてくれないと 僕は寂しい

 

以上  金曜日  190915  17首

 

f:id:senjingaran5:20190512051709p:image

参照  I Googled it.

底紅や人類老いて傘の下

              高山れおな

季語は「底紅(そこべに)」で秋。「木槿(むくげ)」のこと。なるほど、木槿の花は中央の「底」の部分が「紅」色をしている。句の前書きによれば、若くして世を去った俳人・摂津幸彦七回忌法要の折りの作句だ。「蕭々たる冷雨、満目の木槿」だったという。それでなくとも心の沈む法要の日に、冷たい雨が降りつづき、しかも折りからたくさんの底紅が咲いていた。『和漢三才図絵』に「すべて木槿花は朝開きて、日中もまた萎(しぼ)まず、暮に及んで凋(しぼ)み落ち、翌日は再び開かず。まことにこれ槿花一日の栄なり」とあるように、昔から底紅(木槿)ははかないものの例えとされてきた。冷雨に底紅。参列した人たちはみな「傘」をさしていたわけだが、作者は自分も含めて、そこにいた人たちを「人類」とまとめている。すなわち人間の命のはかなさの前では、人それぞれの性や顔かたちの違いや個性や思想のそれなどにはほとんど意味が無く、生きて集まってきた人たちは「人類」と一括りに感じられると言うのである。その「人類」が故人の生きた日よりもさらに「老いて」「傘の下」に、いまこうして黙々と立っているのだ。虚無というのではなく、それを突き抜けてくるような自然の摂理に従わざるを得ない人間存在を実感させられる句だ。思わずも、襟を掻き合わせたくなってくる。『荒東雜詩』(2005)所収。清水哲男